舌下免疫療法Hay fever

舌下免疫療法とは

花粉症の症状を軽減させましょう

当院の舌下免疫療法は、スギ花粉とダニアレルギーを取り扱っています。
アレルギーの原因であるスギ花粉やダニのエキスを少量ずつ長期にわたり投与し、体を徐々に慣らしアレルギー反応を軽減させる治療です。
アレルゲン免疫療法は、100年以上前から行われている治療ですが、新しい舌下薬が発売されたことで、疼痛や通院回数が減らせる治療方法も開発されました。

メリット・デメリット・副作用

メリットMerit

  • 皮下注射で行っていた減感作療法と同じくらいの効果が期待できる
  • 治癒または、長期間アレルギー症状をやわらげることができる

デメリットDemerit

  • 治療期間が長いため通院回数が多くなる
  • 患者さんによっては効果が得られないこともある
  • 副作用が出る可能性がある

副作用Side effect

  • 口の中のかゆみや腫れ、口内炎、のど・耳にかゆみが出ることがあります。(数時間以内に改善することがほとんどです)
    重篤な副作用(全身の発赤、呼吸困難、喘鳴、声がれ、意識混濁など)の可能性も0ではありません。

治療の流れ

01事前検査と治療の説明
舌下免疫療法を開始するには血液検査が必要となります。
02初回投与日
血液検査の結果、舌下免疫療法の治療が可能と判断した場合はお薬をお渡し致します。初回のみ、経過を見るため30分ほど待合室でお待ちいただいております。
03定期処方
お薬の処方と経過観察のために、治療初期は1週間おきに、症状が安定していれば1ヶ月に1回ご来院をお願いしております。